読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

bloody’s diary

☆血反吐を吐きつつ書くブログ☆

映画「ピッチパーフェクト」を見たよ

レンタル屋さんに行って、グランド・イリュージョンの前作でも借りてこようかなーと思ったら全部貸し出されており、仕方なくというわけではないのですが、以前より評判がよかったものの見る機会のなかった「ピッチパーフェクト」を借りてきました。

 

ピッチ・パーフェクト [Blu-ray]

ピッチ・パーフェクト [Blu-ray]

 

 

ストーリーとしてははぐれ者の主人公が仲間たちと出会い、衝突を繰り返しながらお互いを分かり合いひとつにまとまってひとつの目標を目指し、そこに恋もからんできて~みたいなよくある青春モノなんですが、それを女の子グループでやってるところが私にとっては新鮮で楽しく見れました。

主人公が成り行きで所属する女性アカペラコーラスグループのメンバーが、本当に一人ひとり個性豊かで見ていて楽しい!

ていうか女の子たちが集まってわいわいしてるだけでもう私は泣けてきてしまいました。

黒人レズビアンやアジア人女性に対する描き方はどうなの?とは思いつつも、コーラスグループのメンバーも人種や体型も色々で、それでも魅力的に描かれていて、ああもうそのへんからして日本とは全然違うなーと。

冒頭のコーラス大会のMC女性が「素敵な歌声ね!オナニーしたい!!」って言う場面からしてノックアウトされました。

グループの副リーダーが主人公に「この曲いいよね!オナニーの時に使うの、すごく濡れる!!」的なことを言ったり、うわ、すげえ、こういうノリ好き!!って。

他にも「私のヴァギナは暴れん坊だから」って宣言するキャラがいたり、ミソジニー男性を登場させてその女嫌いを指摘したり、敵対してる男性コーラスグループのマッチョさを批判的に描いたり、ああ日本からなんて距離が遠いんだって改めて衝撃を受けました。

抑圧的な指導を行っていたリーダーの女性もまた抑圧を受けていて、お互いに話し合うことで分かり合って、最後はみんなの個性を際立たせる形でパフォーマンスをするクライマックスは素晴らしかったです。