読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

bloody’s diary

☆血反吐を吐きつつ書くブログ☆

熊本地震、本震から明日で一週間

健康・ASD

私は愛媛なので直接的な被害は出ていませんが、地震の規模が拡大すれば四国でも被害が出るかもと思って一週間様子を見ていました。

 

というのも最初の地震があった14日、深夜は緊急地震速報が出た後にけっこう揺れ、ずっと町内放送で避難するようにという呼びかけが流れました。

多少は怖かったものの、台風のシーズンになって増水すると割りとよく聞く放送内容だし、その後揺れがくることもなかったので再び眠りにつきました。

で、本当に怖かったのはその翌日の16日深夜。

揺れも怖かったですが、何度も何度も繰り返される緊急地震速報にすっかり参って眠ることも出来ず、結局スマホの設定も緊急地震速報の音もバイブも消しました。

あれは本当に心臓に悪い…

 

これでかなり参ったので、次の日明るくなってから急いで災害グッズを揃え、枕元にペンライト(懐中電灯より軽いし、キンキコンのおかげでたくさんある)と靴、常用薬や財布などをかばんにまとめました。

うちの家は耐震設計云々言われ始める前にたてた旧式なので、震度7クラスの揺れが来たらきっと倒壊するだろうし、そうなったらしばらく避難所くらしだけど、私はASDで人が苦手なので自家用車で寝泊まりするのが必要なんだろうなーと。

あと私、風呂や歯磨きなどの日常生活の身だしなみ行為がASD特有のこだわり行為なのでできなくなったらどうしよう、死ぬなってくらいの不安もあります。

www.rehab.go.jp

それでも私は大人で、そのへんの感受性も10代の頃に比べればだいぶ鈍ってきたのですが、障害を抱える子どもにとってはかなりのストレスで辛いでしょうね。

健常者でさえ困難な状況、障害者の被災、避難はさらに難しいだろうなと当事者になってやっと身にしみて理解できます…

災害がほんとうに襲った時――阪神淡路大震災50日間の記録

災害がほんとうに襲った時――阪神淡路大震災50日間の記録