読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

bloody’s diary

☆血反吐を吐きつつ書くブログ☆

映画「ブリッジオブスパイ」見た

もう二週間?ほど前に見たけどなんだかんだで感想を書くのを先延ばしにしてました。

www.foxmovies-jp.com

Twitterで感想見てたら映画的な仕掛けがいろんなところに忍ばせられていて、素養のある人なら宝探しみたいに発見して楽しめるみたいです。

私はただひたすら狂信ってこわい、ナショナリスト怖いってなりました。

主人公の弁護士ドノバンは、ソ連のスパイを弁護するのですが、アメリカ国民からそれを非難されるんですよね。

でもドノバンは職務に忠実に、捜査の穴を指摘する。

捜査令状もなく部屋に踏入って押収した証拠は使えないと指摘するけど、判事にさえ何を言ってるんだと叱責される。

ソ連憎しという国民感情の前では彼らが仕えているはずの法律、憲法でさえ蔑ろにされる。

対してドノバンは色んな国からの移民によって作り上げられたアメリカの国民をアメリカ国民たらしめているのは米国憲法だ、と主張してそれを順守しようとするものの、理解が得られない。原理原則さえ覆されるし、ただ仕事としてスパイの弁護をしているだけなのに自宅を銃撃までされ家族の命さえ危うくなる。

 

後半複雑な国際情勢のなか四苦八苦してスパイ交換の約束をとりつける交渉術も興味深かったのですが、とにかく私はこの前半の盲目的な人々の振る舞いがこわかったです。

Bridge of Spies (Original Motion Picture Soundtrack)

Bridge of Spies (Original Motion Picture Soundtrack)