bloody’s diary

☆血反吐を吐きつつ書くブログ☆

おいもさんのあめがらめを作りましたよ

冬のうかたまはおいも特集でした

うかたま 2016年 01 月号 [雑誌]

うかたま 2016年 01 月号 [雑誌]

 

 うかたま.net [季刊 うかたま]

里芋、さつまいも、じゃがいもなどのレシピがいっぱい!

いももちだけでも4種類、ほしいもはもちろん、いもから作る片栗粉や水飴の作り方も載っていました。

 

今回私が作ったのは、砂糖と油、さつまいもがあれば作れるいものあめがらめ。

大学芋の簡易版みたいな感じです。

ちなみに温かいうちに食べたほうが美味しい。(砂糖が冷えるとくっつく)

ので、量を適宜調節するか家に人がいる時に作ったほうがいいです。

 

作り方はほんとに簡単です、いもをあげる、砂糖をとかす、溶かした砂糖に揚げたいもを入れる、おしまい。

 

まずはいもを一口大もしくはお好きな大きさに切って水に晒す。

ふきんなどにはさみ、水気をよーーーく切って低温の油で竹串が通るまで揚げ、

最後に火を強めて高温にしてからっと揚げます。

f:id:santero30:20151218132122p:plain

大さじ1杯くらいの油を残し、そこに砂糖を入れます。

f:id:santero30:20151218132236p:plain

砂糖が溶けたらいもを入れて、糸がひくようになるまで混ぜます。

f:id:santero30:20151218132405p:plain

出来上がり!!!

できたてはお芋はほくほく絡んだ砂糖がパリパリで天国の食べ物じゃないか?というくらい美味しいです!

砂糖がくっつくのでお皿にオーブンシートなどを引いておくといいと思います。