読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

bloody’s diary

☆血反吐を吐きつつ書くブログ☆

映画「REDリターンズ」みたよ!

先日地上波で「RED」が放送されていました!

RED/レッド [Blu-ray]

RED/レッド [Blu-ray]

 

 

これ、映画館に見に行って大体楽しく見たんだけど、とにかく自分の娘ほど年が離れているように見える女性に執着するブルース・ウィリスの生臭っぷりがどうにも受け入れられなくて、続編の「リターンズ」は警戒心の方が勝って劇場にいけませんでした。

地上波放送の際に、続編も面白いという情報を仕入れて、レンタルしてきましたよ!!

REDリターンズ ブルーレイ [Blu-ray]

REDリターンズ ブルーレイ [Blu-ray]

 

 

 

 

結論からいうと、前作より全然葛藤無く楽しく見られた!!

こういうシリーズ物になると、ヒロインは入れ替わり立ち代りで交換可能要因としてつかわれることが多く、私はいまいちそれに納得が言ってなかったのですが、今回は前作でカップルになったサラが、同じ役柄同じ役者さんで描かれてる!!

前作では典型的な巻き込まれ&脚引っ張り系ヒロインだったサラが、エージェントになりたくて色々なトライをしてて楽しいし、それをフランクに牽制されながらも影になり日向になりサポートするマーヴィンとのやりとりがほっこりして微笑ましい!

 

 ヘレン・ミレンも前作よりパワーアップ!

閉じ込められた天才科学者を演じるアンソニー・ホプキンスといい、狂気の女王を演じるヘレン・ミレンといい、彼らのフィルモグラフィーをパロった感じがとても楽しい。

ロシアの将校として登場するキャサリン・ゼタ=ジョーンズもゴージャスで、ドレス姿もよかったですが軍服姿が貫禄があってとても素敵でした!

 

しかし何より特筆すべきは……

ビョン様ことイ・ビョンホンでしょ!?

で、この映画のビョン様の素晴らしさというと、登場して1分もしないうちに(体感時間)全裸になってる脱ぎっぷりの潔さ!!!

敵として現れて、手合わせて戦った後一時休戦し、世界のために主人公たちの仲間になるというベジータ的なツンデレガチギレ系ヒロインポジション!

アジア系の俳優は悪役として扱われがちなのですが、その類型を越えた制作陣からビョン様へのリスペクトも感じられるほどのとてもいいキャラクターでした。