bloody’s diary

☆血反吐を吐きつつ書くブログ☆

読書メーター10月分

2015年10月の読書メーター
読んだ本の数:16冊
読んだページ数:5781ページ
ナイス数:16ナイス

天国の扉 ノッキング・オン・ヘヴンズ・ドア (角川文庫)天国の扉 ノッキング・オン・ヘヴンズ・ドア (角川文庫)感想
最高です。
読了日:10月30日 著者:沢木冬吾
握りしめた欠片 (角川文庫)握りしめた欠片 (角川文庫)
読了日:10月26日 著者:沢木冬吾
贖罪の奏鳴曲 (講談社文庫)贖罪の奏鳴曲 (講談社文庫)
読了日:10月26日 著者:中山七里
エンブリオ (下) (集英社文庫)エンブリオ (下) (集英社文庫)
読了日:10月26日 著者:帚木蓬生
エンブリオ (上) (集英社文庫)エンブリオ (上) (集英社文庫)
読了日:10月19日 著者:帚木蓬生
去年の冬、きみと別れ去年の冬、きみと別れ
読了日:10月19日 著者:中村文則
オーディンの鴉オーディンの鴉感想
五年でネット環境が激変したんだなと感慨深い
読了日:10月7日 著者:福田和代
ケモノの城ケモノの城感想
あれだけ現実に寄せておいてあのラストはない
読了日:10月7日 著者:誉田哲也
特命 (幻冬舎文庫)特命 (幻冬舎文庫)
読了日:10月6日 著者:麻生幾
血の轍 (幻冬舎文庫)血の轍 (幻冬舎文庫)感想
血で血を洗うような公安と刑事部のエグい争いがよかったです。
読了日:10月6日 著者:相場英雄
ST 警視庁科学特捜班 毒物殺人 (講談社文庫)ST 警視庁科学特捜班 毒物殺人 (講談社文庫)感想
女子アナブームとか書かれた時代を感じた。
読了日:10月4日 著者:今野敏
ST 警視庁科学特捜班 (講談社文庫)ST 警視庁科学特捜班 (講談社文庫)感想
ドラマは見てたけど小説は初。ドラマとの相違点を探すのが楽しかった。
読了日:10月4日 著者:今野敏
百年法 (下) (角川文庫)百年法 (下) (角川文庫)感想
合わない。
読了日:10月2日 著者:山田宗樹
百年法 (上) (角川文庫)百年法 (上) (角川文庫)感想
SFなのにクラシックな男女観でびっくりした。
読了日:10月2日 著者:山田宗樹
粘膜人間 (角川ホラー文庫)粘膜人間 (角川ホラー文庫)感想
エログロ。合わない。
読了日:10月2日 著者:飴村行
僕はパパを殺すことに決めた 奈良エリート少年自宅放火事件の真実僕はパパを殺すことに決めた 奈良エリート少年自宅放火事件の真実感想
父親の暴力が言語を絶するほどひどくて読んでいて辛かった。
読了日:10月1日 著者:草薙厚子

読書メーター