読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

bloody’s diary

☆血反吐を吐きつつ書くブログ☆

今期見たドラマを振り返る

テレビ

昨日、精神的余裕がなくなるとエンタメを摂取することができなくなる、と書きましたが、それは本もドラマも同じで、特に毎週見なきゃいけない連続ドラマなんて続けてみる胆力がなくて、よほど好きな俳優が出てるとか心引かれる物語のを一本くらい見る、それでも最後まで見ることはできず途中でギブアップしてしまうことも多かったです。

 
というのも、私の方の問題だけじゃなく日本のドラマの内容がやはり日本の価値観を反映させた内容で、女性の描き方や偏見に満ちた視点というPCの問、また予想の範囲を出ない型にはまったセリフや展開に飽き飽きしてたというのもあります。
 
最近になってようやく連続ドラマを見る習慣が復活して、一クールに1つ2つくらいは見れるドラマが出てきました。
今クールは三本も!去年冬のウロボロス、門レス、デートの時と同じ本数です。
これは私にとってはけっこう多い!
 
まず先日感想を書いた 「探偵の探偵」。

www.fujitv.co.jp

最終回見ましたよ!

主人公が追っていた”死神”を演じた門脇麦の役作りがすごくて、私はあのキャラクターの言動に苛々しながら見守りました。

DV加害&被害者の描き方、公的機関であるはずの女性シェルターの描き方等ん?と思うこともありましたが、ほとんど笑わないろうたけた北川景子が素敵だったし、彼女をキャスティングしながらも恋愛要素を盛り込まなかったのにも好感が持てました。

で、私、感想で

主人公の上司を演じる井浦新と同僚を演じるディーンフジオカの顔の系統が似ていて、最初は混同していましたが、慣れてくるといいキャスティングだなと思いました。

 と書いたのですが、最終回で二人が兄弟だと明かされるという!!!

顔の判別苦手な私ですが、これを予想出来ていたのが嬉しかったです!!!

 

次は土曜日のど根性ガエル。

www.ntv.co.jp

テレビ雑誌の新ドラマ紹介で見た時は、マジか!?今更ど根性ガエルドラマ化!?正気の沙汰とは思えない!!!

と思ってたし、いや無理でしょーと思いながら期待値低目で見始めたのですが…

マツケンってすごいなってもう改めて改めて思いました!!

一つ間違えば陳腐に見えるというか、実際ギリギリだったんだけど、そこを力技で押し切ってしまうんですよね。

マツケンの俳優力パネェ。

ゴリライモに新井浩文、ヤンスに勝地涼等通好みの俳優を揃えたのもよかったし、マエアツもちょっと冷めてるところが可愛らしかったです。

キャストが揃って歌うオープニングテーマの楽しさもよかったし、最終回に母ちゃんが言った「生まれてきたんだから、生きてていいんだよ」には不覚にもうるっときてしまいました。

 

そして今クール一番のダークホースと言えば……!!!

www.ntv.co.jp

そう、デスノートですね!!!!

私原作も映画も見てないので、まったくそちらには思い入れはないものの、「13人の刺客」以来私の中では注目俳優になっていた窪田くんを見るために日曜の夜にはテレビの前にいましたよ!!

最初はなんだこれ?と白目になってましたが、回を重ねるごとに引きこまれていきました。

普通の、少し気弱な好青年からどんどんと殺人の狂気にとりつかれるまでを窪田くんが本当に熱演していて大変見応えがあったんですよ!

そしてもう一つ特筆すべきは忍成修吾ね!!!昔から顔が綺麗なのにいまいち役に恵まれないというか、役者としての不遇感があったのですが、今回はもうどんぴしゃにはまり役で、彼の顔芸も堪能させていただきました。

 

どれも原作付きで、なおかつ上から百合、BL、BLという楽しいドラマでしたー。

来クールも同じくらいの本数見れればなーと思っております。