bloody’s diary

☆血反吐を吐きつつ書くブログ☆

ドラマ「同期」を見たよ!

 

同期 同期シリーズ (講談社文庫)

同期 同期シリーズ (講談社文庫)

 

 

私、働いている間は精神が荒んでいて余裕がなかったため、エンタメ系の小説を読むことができませんでした。

お金もないし、本屋に行ってる余裕もないし(本屋に行くときはだいたいBL本を買ってた)、ただ書評などで話題になった本などをふわっと把握しているくらい。

映画も精神状態が悪化するとなかなか見れませんでしたし、エンタメを摂取するスタミナがなかったんですよね!

で、最近やっと読めるようになってきて、堰を切ったように読んでいます。

 

「同期」は私がドラマではまり、映画で絶望に突き落とされた「ST 赤と白の捜査ファイル」の原作者今野敏の小説です。

 

野心あふれる熱血漢の刑事が主人公で、その同期である飄々とした青年が考案に配属されて後、不可解に懲戒解雇されその謎と、暴力団絡みの殺人事件を追っていく話です。

 キャラクターがよく立っていてとても読みやすく、検索してみると続編もある。

と、その時にWOWOWがドラマ化しているという情報に当たりました。

www.wowow.co.jp

しかもキャスティングが凄い!

熱血主人公の宇田川に松田龍平、同期の謎の男蘇我に新井浩文、同じく同期の刑事に鈴木亮平、物語の鍵を握る女性に栗山千明!!!

松田龍平が、熱血漢を、演じる!!!

私のイメージでは龍平も新井浩文も飄々タイプよ!?

 

と俄然興味を引かれ、レンタルショップで借りてきました。

同期【DVD】

同期【DVD】

 

 冒頭の松田龍平と新井浩文のじゃれあいから全編不思議なテンポで物語が進んでいきましたが、原作の雰囲気はよく出ていたと思います。

鈴木の亮平さんが面白味のある髪型していたのが記憶に残りました。

 

でも国際的に活躍するエージェントや右翼の大物フィクサーなどというキャラクターは、文字で読んでいるとそれなりに納得して受け入れられても映像で見ると説得力をもたすのは大変なんだなーと。

栗山千明が演じたのはオリジナルに近いキャラなのですが、とてもよかったです。

 

若手とベテランが仲良く捜査している感じが部活みたいで楽しかったです。

続編の「欠落」含めて気軽に楽しく読めました! 

欠落 (講談社ノベルス)

欠落 (講談社ノベルス)