読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

bloody’s diary

☆血反吐を吐きつつ書くブログ☆

映画「シンデレラ」見たよーーー。

映画

ケネス、ねえケネスちょっと語り合おうか、って気持ちになったぞーーーー!!

www.disney.co.jp

同時上映のアナ雪「エルサのサプライズ」がなければもっと納得行かなかったかもしれません。

シンデレラの基本は理解してるけど、そうかーアナ雪、マレフィセント、ベイマックスときてこれかーこういうプリンセス像になるんかーと微妙な気持ちになりました。

 

シンデレラが母親から大切にねと言い聞かせられるのが「勇気と優しさ」なんですが、映画を見る限りそのどちらもピンと来ない描かれ方。

王子と舞踏会の前に出会っていても、結局その美しさと「性格の良さ」という短時間ではよくわからないはずのぼんやりしたもので評価されているシンデレラ。

継母や義姉から不当な扱いを受けながらも抗議や反抗をせず、ただ我慢し人知れず泣いて、家の動物たちに話しかける。

私は期待してましたよ、追いやられた屋根裏の部屋に父親が残した膨大な書籍が置いてあって、そこで法律などの知識をつけ継母に敢然と立ち向かう、そんなシンデレラを。

シンデレラ・ストーリーの大筋は変えられないかもしれないけれど、嫌なことは嫌だと言い、自分の意思を通すためには(義)家族との衝突も辞さないそんな強い女性が見たかった…!!

 

なんならヘレナ・ボナム=カーター(白いドレス&メイク超可愛かった)とケイト・ブランシェットの一騎打ちでも(以下略)

 

「エルサのサプライズ」は今まで劇場でみたディズニー同時上映の短編映画の中では一番可愛らしくてほっこり楽しめました☆