読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

bloody’s diary

☆血反吐を吐きつつ書くブログ☆

梅仕事をした 2

作る

梅雨です!雨降ってますね、気温も上がってきました。

以前つけた梅もシロップがあがってきましたよ!

bloody.hatenablog.com

写真

下の方に砂糖が溶けずに沈んでいるので混ぜる必要がありますが、梅もだいぶしわしわになったので取り出します。

特に左の方は発酵がすすんで泡立ってきたので、実を取り出して火入れしました。

梅はどうするかというと、「キムチの四季」に梅の実のコチュジャン漬け、というレシピが載っていたので作ってみることにしました。

キムチの四季 ハルモニが伝える韓国家庭料理の真髄

キムチの四季 ハルモニが伝える韓国家庭料理の真髄

 

 レシピは梅の実を種からはがし、同量の砂糖、または塩につけて5日(長期保存の場合は塩、そうでもない場合は砂糖)、その後コチュジャンと唐辛子を混ぜたものを少量の昆布だしでゆるめたものに漬ける、というものです。

分量がコチュジャン500グラムという大量のものだったので、とりあえず試しに1割量で漬けてみました。

 

今回は梅シロップの実活用レシピなので手順はちょと違ってきます。

シロップから取り出した梅の種を外します。

写真

 まだ梅が固かったせいでなかなか難しく、梅の酸で指が痛くなりました。。。

漬け床を作ります。

写真

いい感じに混ぜて漬け込みます。

写真

どんな味に仕上がるか楽しみです。

 

残りの梅は梅ジャムにします。

固めなのでフードプロセッサーにかけます。

写真

ここにひたひたの水、梅と半量~同量の砂糖にお好みでレモン汁、梅シロップを加えてアクを取りながら煮込んだら出来上がり。

写真

ドレッシングや肉のつけダレなどに使おうと思ってます!