読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

bloody’s diary

☆血反吐を吐きつつ書くブログ☆

映画「甘い人生」見たよ!!!

ファン・ジョンミン 韓国 映画

さて今日は泣く子も黙るイ・ビョンホン、ビョン様主演の映画を見るよ!!!

映画の内容は知らなくても韓流ブーム真っ最中にビョン様が大々的な来日プロモーションをしてたのはうっすら覚えてます。

甘い人生 特別日本版 [DVD]

甘い人生 特別日本版 [DVD]

 

 実際見てみると物凄いお洒落スタイリッシュアクションムービーなんですよね!!

けっこう容赦無い残酷シーンなどもあって、これ当時のビョン様ファンはどんな感じに受け止めたんだろうと思いを馳せてしまいました。

またこの映画を最初に見た時は、韓国ノワール系の映画を立て続けに見た後だったので、ビョン様のもつ華やかなスターオーラに圧倒されて「すぎょい、キラキラしてる、すぎょい」と呟くだけの人形になってしまいました…

 

この映画ではファン・ジョンミンさんは特別出演枠、出演時間は短いながらも印象的な悪役ペク・デシクを演じています。

(多少のネタバレあるよ)

 

 

 

これ全体的にお洒落スタイリッシュムービーすぎて、最初はちょっとどう受け止めていいかわかりませんでした。

それまでけっこう韓国独特の土臭さ漂う映画を見てきたので、その辺すっとばして嫌味なほど透かしたスタイリッシュさを突きつけられてちょっとおもしろくなるくらい。

でも私はこの映画の見方がわかったんです。

キム・ジウン監督ニムに感情移入してビョン様を愛でる。

これ、私が見つけたジャスティスです。

 

ビョン様をボコボコにする、ヒモでつるす、指を切る、泥に埋める、苦痛と恐怖でおののくビョン様を監督はどういうふうに演出し撮影したのか、その心境はいかに?と考えると非常に楽しい。

その視点を持って見返すと、多少冗長な前半部分もエレガントな前奏に感じられます。

 

さてこの映画でファン・ジョンミンさんが演じているのは、チンピラを絵に描いたようなチンピラヤクザ社長なのですが、実は二代目です。

途中会合に親子揃って出席してますが、父親はそこそこノーブルな立ち居振る舞いをしています。

おそらく裕福な経済状況で育っただろうに、顔に大きな傷のある、理不尽に暴力的な野卑な男に仕上がってます。

その野卑っぷりは髪型もスーツもスタイリッシュで端正なビョン様と対比して際立ちますよ!!

クライマックス前、ビョン様と対峙するシークエンスでは(ここで着用するコートなかなか素敵)、突然小さなナイフを取り出してせわしなくぐさぐさ突き刺して勝利宣言する辺り小者っぽくて最高でした。

 

なんだかんだあって最後は懐かしの神話リーダーが持ってく辺りまで含めて、ビョン様への愛に溢れていい映画です!