bloody’s diary

☆血反吐を吐きつつ書くブログ☆

祭の始まりだよー!

6月になりファン・ジョンミン祭が始まりました!

何を言ってるか自分でもよくわからないんですが、とりあえず映画の上映に合わせて極私的祭をしています!

韓国映画という新しい扉を開いてくれた彼と、韓国エンタメ産業と、それを生み出す彼の国の大地(地母神信仰)とこれ面白いよと勧めてくださった方と、その他諸々に感謝を捧げるための祭です。

祭は一人でやっても楽しいですよ!というか私は人が集まるのは嫌いなのでむしろ一人祭の方が楽しいです。

 

亡き祖母は何かちょっとしたこと、自分がめでたいと思うことがあったらよくちらし寿司や巻きずしを作っていました。

祖母が作るちらし寿司や巻き寿司はそれぞれの具を別々に味付けして煮る手のかかるもので、よくもまああんな面倒なことするもんだなぁと思っていたのですが、知らないうちにその血は脈々と私にも受け継がれていたようですね!

 

というわけでお祭り初日ということで、チャプチェとキムパプ、余っていたひき肉で豆腐ハンバーグを作りました。

キムチの四季 ハルモニが伝える韓国家庭料理の真髄

キムチの四季 ハルモニが伝える韓国家庭料理の真髄

 

 今回のチャプチェレシピはこちらの↑味付けです。

肉はなし、最初にヤンニョムを煮立たせて春雨を入れ、野菜を次々混ぜていく手順です。

写真

まず水で戻したきくらげと干ししいたけをごま油、醤油、ごま、胡椒を混ぜたヤンニョムで味付けしておきます。

写真

醤油、砂糖、ごま油、しょうがにニンニク、昆布だしを入れて煮立たせ、ぬるま湯で戻していた春雨を入れて煮詰まるまで加熱します。

写真

用意した野菜は人参、玉ねぎ、筍、しめじ、まいたけ、ニラです。

これを火の通る順番を考えながら加えていって汁気がなくなるまで煮詰めたら完成です。

次は豆腐ハンバーグです。

写真

豆腐、しょうが、玉ねぎ、豚ひき肉、塩、卵を入れて混ぜて成形して焼きます。

もやしとスナップエンドウをいれた和風あんをかけて完成。

海苔巻きは今回は具が少なめです。

人参、きゅうり、しそ、ベーコン、卵焼きです。

これに加えて今まで作りためてきた水キムチ(大根葉ときゅうり)を加えれば祭祀の供物が完成です!!

この日ののお供はこれにチャミスル、そしてファン・ジョンミン出演「新しき世界」でしたー!

楽しいっすね!!