bloody’s diary

☆血反吐を吐きつつ書くブログ☆

キムチを作ってるよ!1

何を言ってるか分からないでしょうが、ファン・ジョンミン主演映画「国際市場で逢いましょう」私の居住地域では6月中旬公開されます。

それに合わせて6月に入ったら極私的ファン・ジョンミン祭を開催しようと思ってます。

祭には供物がつきものだし、祭り中は彼の映画を見ながら韓国料理を食べチャミスルを飲みハッピーに過ごそうと決めているので、準備にとりかかってます。

具体的には何種類かのキムチを怒涛のように作ったので、軽く紹介していきます。

 

キムチの四季 ハルモニが伝える韓国家庭料理の真髄

キムチの四季 ハルモニが伝える韓国家庭料理の真髄

 

 

まずは青しその漬物。

韓国では同じシソ科のエゴマの葉を使います。

大きなスーパーでは今頃はエゴマの葉も入手可能みたいなのですが、私の居住区は田舎なので有無をいわさず青じそを使います。

酢入りの水で洗った後、青しそは水気をよく切っておきます。

ヤンニョムはニラ、にんにく、人参をみじん切りにしたものに、ナンプラー、唐辛子粉、砂糖を加えたものです。

写真

容器に青しそ4~5枚重ねたごとにこのヤンニョムを塗り広げていきます。

写真

しばらくおいて、しなっとなったらひっくり返して冷蔵庫で保存。

これで「生き残るための3つの取引」にジョンミンさん演じる主人公に妹がさっと取り出したタッパーと似たようなビジュアルのものができるはず!

 

 写真

というわけで色はちょっと鮮やかですが、近いものができあがりました!

青じその爽やかな香りとスパイシーな辛味、ナンプラーの旨味が合わさってご飯にすごく合います。

卵かけごはんなんかにも合うと思います。夏向き常備菜です!