bloody’s diary

☆血反吐を吐きつつ書くブログ☆

映画で見たアレがやりたい!やってみよう!

最近良く韓国映画を見てます。

俳優さんの名前と顔もだいぶ覚えてきて中で描かれている生活習慣などもだいぶわかるようになってきました。

となると気になってくるのが、映画で見かけた食事シーン。

よく見るアレを私もやってみたい!!!!

 

というわけで、参考書籍はこれとウェブです。

本当においしく作れる 韓国家庭料理 (きちんと定番COOKING)

本当においしく作れる 韓国家庭料理 (きちんと定番COOKING)

 

 作りやすさと実現したさの両方を鑑みて、ちょうどバランスのとれている2品をまず作ってみることにしました。

 

まずは「ユア・マイ・サンシャイン」でソクチュンのもとに嫁いだウナが作っていたチェプチェ。

素手で混ぜて味見をする仕草がとても可愛かったんですよね~。

この手で混ぜてそのままつまみ食い、というのは他の映画やドラマでもけっこうよく見るあるあるシーンでもあります。

参考にしたのはこのレシピ

www.kyounoryouri.jp

辛味成分がほとんど入っていないので食べやすいレシピです。

写真

レシピの材料の他に松の実で滋養プラスしました!!!

 

続きましては韓国海苔巻き。

グエムル」ではお店で売っってたり逃亡生活中の食料になったり、「渇き」では神父が恋する人妻が映画冒頭で義母に海苔の質の悪さを愚痴りながら作ってました。

これは上述のレシピ本からです。

 

ご飯は塩とごまと胡麻油をいれて味付け。

材料はそれぞれ水気をよく拭いておきます。

写真

今回はレシピ本のまま、玉子焼き、人参のソテー、ベーコンを軽く焼いたもの、たくわん、かにかま、塩をして水気を拭いたキュウリ、プラスで大葉を加えました。

写真

とりあえず巻きます。

私は海苔巻きを巻いたことさえ無いのでけっこう苦戦しました。

本当はもっと可愛いサイズになるはずなのに、無精して材料を多めに入れてたら我が家の海苔巻きと変わらない太さに。。。おかしい。。。

出来上がりはこんな感じです

海苔が剥がれかけてますね。。。もうちょっとご飯をまんべんなく広げなければならないのかもしれません。

味は大葉とキュウリの塩気と歯ごたえが効いていて美味しかったです。

たくわんも大事。

ご飯に混ぜるゴマは気持多めでもいいかもしれないです。

あとは練習あるのみですね。。。