bloody’s diary

☆血反吐を吐きつつ書くブログ☆

映画「トンマッコルへようこそ」を見たよ!!!

今始めてこの映画のポスター見たんですけど、みんな笑顔で可愛いですね!!!

eiga.com

 

05年度の韓国映画界で興収1位の座に輝いたヒューマンドラマ。朝鮮戦争が行われていた50年代初頭。墜落したアメリカ機を追って北朝鮮人民軍と韓国軍のそれぞれの兵士たちが、“トンマッコル”と呼ばれる人里離れた村に迷い込む。村で鉢合わせとなった両軍の兵士は対立するが、戦争のことなど知らないのんびりした村人たちによって、打ち解けていく……。(映画.comより)

 

韓国軍のピョ少尉を「JSA」で人民軍の新兵、「復讐者に憐れみを」でろうあ者の主人公を演じたシン・ハギュンが、村の象徴的な存在である妖精のような存在ヨイルを「オールド・ボーイ」で運命に翻弄される女性を演じたカン・ヘジョンがキャスティングされてます。

ファンタジー的な世界に迷い込んだ南北両軍がやがて力を合わせて何かを成し遂げる、という点では「天軍」と似てますがこちらは朝鮮戦争当時の物語なので緊迫感はだいぶ高い。

 

トンマッコルへようこそ [DVD]

トンマッコルへようこそ [DVD]

 

 (若干ネタバレがあります)

 

 

もともと「ウェルカムトゥトンマッコル」というタイトルで上映されていた演劇が大ヒットし、それを映画化した作品だろうです。(主演のシン・ハギュンも舞台で同役を演じてた)

それを踏まえてみると舞台映えするだろうなと思える場面がたくさんあります。

 

それはさておき、私この映画で何に一番びっくりしたかというとですね、

シン・ハギュンのイケメンっぷりですよ!!!!

 

今まで変な髪型で個性的な役を演じてるのしか見たことがなかったので、全然気づきませんでした!ごめんね、シン・ハギュン!!

この映画では最初から最後までずーっとキュートだった!!

この日は朝からBSプレミアム「世界で一番美しい瞬間(とき)<海が割れる日~韓国・チンド~>」を感動して嗚咽しながら見てたので疲れ果ててぼーっと見始めたのですが、その脱力から精神を救い上げてくれました。

 

あ、もちろん映画自体も素晴らしいです!

朝鮮戦争で韓国軍を含めた連合軍と人民軍が激しく争っている最中、両軍の兵士たちが迷い込む桃源郷のような村トンマッコル。

戦争とは無縁ののどかで牧歌的な時代に取り残された村の人々は素朴で純粋で、戦闘で荒れた兵士たちを温かく迎え入れる。

両軍の兵士たちは村の中にまで南北の対立を持ち込むんだけど、村の人達は最初こそそれに付き合ってたものの、やがて普段通りの生活に戻り、武器をつきつけあう両軍の兵士たちだけが残され、雨が降り日がたつ。

その緊張状態を解くのが天真爛漫なヨイルの行動です。

 

彼女は画面に留まることのない存在で、この映画で象徴的に現れる蝶々のようにどこからかやってきて、場の緊張を解き兵士たちから人間的な反応を引き出してまたどこかへ去っていきます。

 

ヨイルの登場をきっかけに村の食料庫は爆破され、収納されていたとうもろこしがポップコーンになってまるで雪のように村に降り注ぐ。

村の一年分の食料を台無しにした兵士たちは、罪滅ぼしのために村人たちの畑仕事を手伝うことにするのですが、この行動をいち早く示したのが北の中隊長というのがさすがという感じでした。

彼らは軍服を脱ぎ、村人たちと同じ服装をすることで兵士としての自分を脱ぎ去り、また村を襲う脅威であるイノシシを協力して倒すことで敵味方という境界を乗り越えていく。

(このイノシシ狩りのシークエンスが大半スローモーションで描かれているのがコミカルかつファンタジックで楽しいです)

 

両軍の兵士たちより先に村に辿り着いていたアメリカ軍の大尉は言葉は通じないものの、だんだんと村人ととりわけその中の一人の少年と親交を深めていく。

村を出れば兵士たちは複雑な情勢の中で武器を取り戦わなければならないけど、施錠とは切り離された平穏な村でなら友好的に共存していける。

しかしそういう理想的な関係が描かれるのは束の間です。

戦争の脅威は兵士たちが村に来たことでトンマッコルにも迫ってくる。

彼らは村を守るために命を投げ出す決意をする。

解きほぐせば単純な問題で他に解決策がありそうなのに、戦争の力学というのはそれを許さない。

そしてトンマッコルという現実離れした理想郷を体現する存在だったヨイルが死んでしまうことで、村の平穏も長くは続かないであろうことが示唆されてもいます。

 

そしてこの映画の音楽を担当しているのは久石譲。

宮崎アニメを見て育った世代である監督たっての希望で実現したとのことです。

それを踏まえてみたら、宮崎アニメを思わせる雰囲気が散りばめられています。