読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

bloody’s diary

☆血反吐を吐きつつ書くブログ☆

パンケーキを食べてきました!

南予

こんにちは!PMS真っ最中でだるくて体調が悪いです。

連休だったので友人と一緒にお出かけしました。

私が住んでいるのは田舎ですが、おしゃれなパンケーキを食べることができるカフェだってあるのです。

写真

冬季限定お芋のパンケーキ、おそらくメレンゲで軽くしてある小さめのパンケーキに、甘く煮たお芋と芋のアイスクリームが添えられてます。

飾ってあるのはお店のシンボルでもある猫ちゃんのクッキーアールグレイ風味。

友人たちはベリーのパンケーキを注文して、そちらはやはり彩りが鮮やかでした。

 

食べながら色々話したのですが、私は割と一人で突っ走って話し続けることが多くて、社会人になってからは友人と会う時は私がその時問題としているテーマへのアウトプットをする場、みたいになっています。

人の話を聞くことは好きなのです。色々な情報が得られるから。

ただおとなしく人の話を聞いていることができなくて、気になるワードがあったら、これはASD由来だかADHD由来だかわかりませんが(どっちでもいいんですけど)、それについて語りだしたくなってうずうずします。

 

友人の「嫌われる勇気」の感想を聞いていたら「まるっきり自己啓発書だね!」という話になり(というかタイトルにも出てますね。売れてるという話題でしか知らなかった!)女性向け自己啓発書が描く理想の女性像というのは、何をされてもニコニコ笑って耐えろという支配者にとって与し易い都合のいい人間だよ、という話題からフェミニズムやジェンダー系の話へと。

 

で、私は喉が涸れるまで熱弁をふるったわけですが、友人はドン引きするわけでもなく淡々と聞いてくれました。

田舎で独身で暮らしていると生活実感として「女性とは」「結婚とは」と考えざるを得ないといか、嫌だと言っても突きつけられることなんですよね。

私が黙っててももう話題が自身と親の健康、介護、家や墓のことなどになってきてますからね。。。世知辛いものです。。。

 

それでもちょっと嬉しかったのは、高校時代の思い出話になって

「あなたが好き勝手に学校に反抗してたの見て、自己主張してもいいんだと思って楽になった」と言ってもらえたことです。

 

というのも、当時私は基本優等生だったのですが、「教師が嫌いだから」「どう考えても無駄だし、嫌いだから」という理由で学校に反抗して体育祭や特定の教科をボイコットしていました。

別に不良だったわけではなく、当時の自分なりに真面目に考えて行動した結果です。

もし自分が教師だとしたら絶対担当したくないような面倒な生徒だったのですが、それでも基本善良でおとなしくて真面目な友人たち、親にさえ言い返したりしないほどの従順さをもった彼女らに何らかの印象を残していたのなら、それはそれで嬉しい事だな、と思ったのでした。