読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

bloody’s diary

☆血反吐を吐きつつ書くブログ☆

過食とどう付き合うか

食べてる?

パスタ、食べてる?

パスタ、巻いてる?

巻いて、食べてる?

 

変な食育っぽくなりますが、食べるのは大事です。

ダイエットにおいても大事です。

食べないと、やせません。

とはいえダイエット中は食べることに罪悪感を持つ方も多いと思います。

運動が苦手、嫌い、運動をする時間がなかったりすると、極端な食事の仕方をするダイエットでやせようとしてしまいがちです。

私も過去に、嘔吐、寒天だけを食べるダイエット、置き換え食などをやってきました。

が、そんなのは続かないし、続けているうちにメンタルにも悪い影響が出て来るんですよね。

少なくとも私はそうでした。

そしてそういう方法で痩せると、すぐにリバウンドする。体調も崩す。

 

ダイエット最終決戦を始めると決意した時、上述のようなトリッキーなダイエットはすまいと心に決めました。

するのはダイエット界では王道ダイエットと呼ばれる、適切な食事と運動

すなわち、食事においては今まで過剰に摂取していたカロリーを減らさねばならない。

食事の量を減らしバランスをよくする。

今まで口いっぱい食べ物を放り込み、腹が裂けるくらいまで食べていた習慣をやめる。

 

当然ストレスがたまります。

私はそれまでストレスが溜まったり、疲れたり、精神的にすさんだりした時は過食に走ってました。

コンビニでめぼしいスイーツを買い込み、家に帰って一気に食べて罪悪感に襲われていました。

そんなことはもうやめようと思いました。

過食に走りたくなった時は、以下の2つだけは守ろうと決めました。

  • 栄養豊富で身体にいいものを食べる。
  • 美味しくて高級で大好きなものを選ぶ。

 

というのも過食衝動というのは、栄養不足に陥ってる身体から発せられる悲鳴である説をネットか本で見かけたのですよね。

だから過食衝動は身体が欲している栄養を十分満たしてあげれば収まると。

逆に高カロリーで栄養価が低いスナック菓子などで腹を満たしていると栄養はいつまでも満たされない状態なので脳が過食の命令を出し続ける。

そして過食をした後は罪悪感と増えた体重だけが残り、それがストレスになり次の過食に走るという悪循環が起こるらしいです。

本当かどうかは分かりませんが、私はこの説に納得できたので自分の中で採用することにしました。

過食行為を嫌なもの、忌避すべきものから、満たされて幸せなものとしてイメージを上書きする。

 

たとえばチョコが食べたい!!チョコだけ食べまくりたい!!!となると、上述した二つの約束の下を実行しなければなりません。

すなわち、デパートに入ってるレベルの高級チョコを食べねばならない。

でも私の生活圏にはデパートもない、そんな高級なチョコを売っているところもない。

となると栄養豊富なものを作って好きなだけ食べよう。

よしレバニラ炒めとひじきの煮物と冷奴と味噌汁と白飯を作ってしこたま食べよう!!!

みたいな感じ。

 

料理を作る暇がなかったらスーパーやコンビにで身体によさげな惣菜を買い込むとか、そのお金もなかったらせめて納豆と卵と白飯とインスタントの味噌汁くらいの食卓にするとか、できる範囲で実現する。

チョコが買えたら買えたで食べればいい。

ただ高級なので私の経済状態ではそんなにたくさん量は買えない。少量で満足して幸せに浸る。

少なくとも安く売ってるスナック菓子やスイーツを大量に食べて腹を満たそうとするのはやめる。

 

自己啓発みたいになりますが、逃げ道を作っておくのは大事です。

私の場合は、過食衝動は必ず来るとわかってました。

来た時にどう対処するかが鍵となります。

そして起こってしまった過食をどう捉えるか、自分の中でどう処理するか。

ここで自分を責めて罪悪感を覚えると、全部投げ出してダイエット自体を止めてしまいたくなります。

それだけは避けねばならない。

私の場合は以上が対処法でした。

 

ってかね、本当に自己啓発みたいになって申し訳ないです!!

これはダイエットに失敗続きだった当時の私に向けて書いてるようなもので、多分そこそこ安定して健康な人には必要ないことなんでしょうけど、情緒不安定を持病として抱えて、ちょっとしたことで心に嵐が吹きすさぶ私のような人間はまずダイエットは本当に自分との戦いなんですね。

自分のメンタルという野生の獣をいかに飼いならし、どう共存するかだったので、しばらくお付き合いいただければ。