読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

bloody’s diary

☆血反吐を吐きつつ書くブログ☆

白菜と豚肉と春雨の醤油炒め作ったよーーー!

こんにちは!!

突然ですが私は暮らしの手帖信者です!

かつての私はできることなら、暮らしの手帖を定期購読して、手芸や家事をしてつつましやかに暮らしていく、そんな生活を夢見ておりました。

その頃の夢が諦めきれず、定期購読だけはしているのですけどね。季刊だし。

今回はそんな暮らしの手帖関連料理本から節約簡単レシピをご紹介します。

暮しの手帖の評判料理

暮しの手帖の評判料理

 

 そもそも↑この本に載ってた料理で正しくは前にツイート↓したとおりです。(ツリーになっています)

今回はキャベツがなく、白菜が余っているので、それを使います。

写真

春雨はいつもカルディで買うタイ製の緑豆春雨で、ぬるま湯につけて戻します。

写真

このボウルの中に直接キッチンバサミを入れて食べやすく切っちまいます。

写真

白菜はこれで700グラムくらいなので、半分強を使います。

写真

芯は細切り、葉の柔らかい部分は一口大より小さめに切ります。

元々のレシピはキャベツで、白菜はそれより水分が多いので気持ち小さめに切るといいです。

写真

豚肉細切れはみじん切りです。部位はお好みの部分で。

分量は白菜の半分弱くらい。

写真

元のレシピにはないのですが、せっかく家にあるのでにんにくとしょうがもみじん切り。

材料はこれだけです。あとは調味料だけ。

ここまで用意したら後はじっくりと炒めて水分を飛ばしていくだけです。

写真

油ににんにく・しょうがのみじん切りをいれ、香りが出たところの豚肉を入れていためます。

写真

火が通ったら大匙1の醤油を加えて炒めます。

写真

豚肉に醤油がまんべんなく回ったら白菜の芯だけ先に入れます。

水が抜けるようにじっくり炒めてください。

写真

白菜の葉を投入。

しばらく蓋をして白菜に火を通し、かさを減らします。

写真

この辺でまた醤油を大匙1回しいれて炒めます。

写真

よーく炒まって白菜がくたくたになったら春雨を投入。

残っている水分を吸わせます。

写真

味を見て塩・コショウ、あればオイスターソースなどを少量加えて調味します。

白菜に豚肉のうまみを、春雨に白菜と豚肉のうまみを吸わせるのが大事なので、気長に炒めるのが一番のコツです。

写真

私はこれをご飯に乗せて、ごま油を垂らして食べるのが大好きです!!

キャベツも基本的に同じ作り方です。

あれば青ねぎなどを散らせると見栄えもよくなると思います。

年末だし節約しなきゃなーと思う時など、是非是非お試しあれ!