bloody’s diary

☆血反吐を吐きつつ書くブログ☆

たかのこの湯に行って来たよ!

今日はたかのこのホテルチェックインからチェックアウトまでは何度でも入れる、たかのこの湯について。

たかのこの湯(旧:たかのこ温泉) | 愛媛県松山市 | 露天風呂 | 温泉 | 大浴場

もちろんホテル利用者でなくとも日帰り入浴できますよー。

泉質もロビーにあったので店員さんに許可もらって撮影してきたのに、普通にHPにのってました

せっかくなので写真あげておきます。

露天の湯口からは、本当に温泉独特のにおいのするお湯がこんこんと湧き出していますよ~。

アルカリ性単純温泉なのでお肌がつるつるします。

 

<ロケーション>

 松山の街中、鷹ノ子町にあります。

系列のホテルに隣接してます。

以前行った媛彦温泉も同じ系列です。


<システム・料金>

 一般入浴料は650円、券売機で入浴券を購入し、靴箱の鍵を預けてロッカーの鍵をもらいます。

ロッカーの大きさが違う場所があるので(下の方にあるロッカーは大きい)、受付で言えば融通してもらえると思います。

食堂併設ですので、朝食・昼食と入浴、もしくはエステなどセットになってたり、朝5~10時の時間帯だと450円で入れたり、いろんなプランがあるのでチェックしてみてください。

何度も書いてますが、たかのこのホテル利用客は入浴料は無料です!

ロッカーには注意事項が書いてあるのですが、寝湯以外の浴槽、サウナで横になることは禁止だそうです。

利用客が多いゆえの配慮でしょうね。

 

<脱衣所・アメニティ>

 本当に大きな温泉施設なので、脱衣場も広いです。

2012年にリニューアルオープンしたばかりなので、施設も新しく綺麗です。

パウダースペースはドライヤーと洗面台付と、ドライヤーのみの席が多めにもうけられてますが、化粧水等のアメニティは一切ありません。

ブラシもなく、あるのはティッシュと綿棒のみです。


<お風呂の種類・洗い場>

洗い場も十分数はあり、蛇口は1プッシュ一定量のですが、シャワーは時間性ではありません!

髪洗うのもとても楽!

リンスインシャンプーとボディーソープは備え付けであります。

 

お湯は愛媛の日帰り温泉では珍しい、源泉掛け流しの露天風呂と、天井のある露天、露天風呂の横に寝湯(お湯が流れて暖かい岩の上に横になれる)、歩行浴の中に個人用ジェットバスが3つ、電気湯、旧源泉の湯、バブルの出る大浴場にお子様用の浅いスペース、サウナに水風呂です。

広いよ!

 

<周辺施設・食堂>

何度も書いていますが、ホテル隣接で食堂もあります。

玄関スペースでは野菜や果物も売ってます。

6月に行った時はタイムサービスでソラマメが安売りされたりもしてました。

マッサージサービスもあり、ホテルにはエステ部門もあります。

休憩スペースはお座敷が少しとソファ、リクライニングシートなどはありません。

 

とはいえ近くに札所などの観光名所もあるし、いろいろ楽しむことのできる温泉でした!