読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

bloody’s diary

☆血反吐を吐きつつ書くブログ☆

「TOKYO TRIBE」見てきたよ!!!!

ずーっと心待ちにし、楽しみにし、指折り数えて待っていた映画、「TOKYO TRIBE」見てきたぜっ!!!!


映画『TOKYO TRIBE』公式サイト

私が仕入れた事前情報は、「変態仮面」ではパンツをかぶりパンツを履いて戦った鈴木亮平さんが、今度は一枚パンツを脱ぎ、Tバックで戦う、というそれのみでしてね!!!!

HK/変態仮面 ノーマル・パック[DVD]


あとは世界初ラップミュージカルで、本業ラッパーが多数出演しているとか、その程度。


だって私もTバック愛用者ですからね!!!

気になるじゃないですか、ズッキーのTバック!!しかもそれでアクション!!!!

 

そしたら染谷将太きゅんが登場してきてびっくりするよね。
まあ可愛いよね。可愛いラップしてるよね。
私出てるなんて知らないし、本人からも聞いてないし(水臭いぞー染谷きゅん☆)ズッキーのTバックのことしか頭になかったからもう嬉しい驚きだよね!!


え?ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT のブッキーみたいに秒速でいなくなったりしないよね?とドキ胸していたら、ちゃんと最後までストーリーテラーとしていてくれました。ああ可愛い。

 

いやもうほんっっっとーーーーに、ズッキーのTバックにしか興味がなかったので(しつこい)時間が経つにつれて出演者のあまりの豪華さにびっくりしました。

 

それでいて開始5分くらいでズッキーが婦警さんを裸にひん剥いて胸を鷲づかみにしていたり、ヒロインの清野菜名さん(すごく端正なお顔立ちしてたけど19歳なのね)も下着姿になったり、おそらく初めてだと思うんですがバストトップを見せたり、モブ女性もたくさん裸になってたり割と猥雑な感じで。
(どちらも主演のズッキーがナイフ片手に脅しながらのシーンなので、そういうのがお嫌いな方は気をつけて)

かと思えばズッキーも叶の美香さんにけっこうな間、股間揉まれてたりするわけで。

 

ヒップホップはかなり女性蔑視のマッチョ思想文化ですし、裏社会を描いているので女性の扱いはかなり酷く、その辺で遊んでいる女の子たちをバンに押し込んで組織のボスに献上するはっきりとした人身売買、性犯罪がけっこう軽めに描かれてもいます。

 

あらすじはめんどいので公式HP見てほしいのですが、ざっとまとめると、近未来架空都市TOKYOは荒廃し国家権力も通用しない無法地帯と化し、TRIBEと呼ばれるグループがそれぞれの地域を仕切っている。
細かい抗争や火種は抱えながらもそれぞれの陣地を守り、グループ同士の均衡は保っていたが、ズッキー演じるブクロのヘッドのメラちゃんは私怨(というより可愛さ余って憎さ百倍に近いしあれはストーカーだし恋だと思う)でムサシノの実力者海くんをぶっつぶしたいと思ってて、そのメラちゃんのケツ持ちしてる裏社会のボス的ヤクザブッパ(竹内力)がメラちゃんにTRIBEすべてをぶっつぶし、TOKYOを俺の支配下に置けと命令し、メラちゃん率いるブクロとその他のTRIBEとの戦争が始まるみたいな感じで。

それぞれTRIBE同士も毛色も主義主張も違うので普段は仲が悪いのですが、抗争のきっかけとなったラブ&ピースを信条とするムサシノの海ちゃんがみんなをまとめて団結する、みたいな感じ。

面白いのはこのTRIBEの中に実在する練馬ザファッカーが出演しているというね。
私もヒップホップについては詳しくないんだけど。

 

TRIBEについての描写が実在する区を元にしてると思うんだけど、それぞれ特色があって面白かった。
海くんがいるムサシノは仲間と平和を愛するウェーイなノリで拠点はファミレス、ってのが他のアンダーグラウンド的なグループと対照的で、そこをメラは憎んでてってのは分かるような。

 

全体的にクレイジーなノリで、美術もストーリーも何もかも「ここまでやれるんだすげえな!!!」と感嘆しました。
だって政治家と親分が会合開いてる場にメラちゃんシャワー上がりのTバックで同席してるからね。(そしてTバックはこの場面のみでした、残念!!)
その後武器として日本刀渡されて、「試してみていいですか」っつってメラちゃん与党の重鎮政治化次々斬ってくから。
クレイジー極まりないから。

中盤で佐藤隆太演じるテラがメラちゃんに指されて致命傷を負うんだけど、誰一人として、医者を!とか叫んだり止血の処置とかしないの!!!

みんな原始的な生活送ってんの!!!

 


映画『TOKYO TRIBE』特報 - YouTube

あ、なんか書き足りないから明日書く!
とにかく面白かったっす!!!!

 

「TOKYO TRIBE」見てきたよ!!!!2 - bloody’s diary(仮)