読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

bloody’s diary

☆血反吐を吐きつつ書くブログ☆

さくらの湯に行って来たよ!

中予方面で一番行きたかった、東温市のふるさと交流館「さくらの湯」に行ってきました!!


東温市 : ふるさと交流館(さくらの湯)


なぜ行きたかったかというと、今まで中予方面の温泉に行った時におばさんたちが雑談で「やっぱりさくらの湯が一番いいわねえ」的おしゃべりを2度ほど聞いていたからです。
とはいえ東温市は少々遠いから、何かのついででもないと一人で行くのは不安だなと躊躇してましたが、今回子守りのついでに遊びに行くことができました!

 

<ロケーション>
高速道路松山道の川内インターから車で5分、田んぼの中を車を走らせて行ったところにあります。
温泉施設はどこでも少し人里はなれた、辺鄙なところにありますね。
また産直市も隣接されているため、駐車場は二段構えで広い!

 

<システム・料金>
棚式の靴箱もあるし、鍵のついたロッカー式の靴箱もありますが、どちらでもご自由に、フリーロッカー制なので、靴箱の鍵は自分で保管します。
玄関に入って両脇に発券機と靴箱が置いてあるので、お好きなほうに。

f:id:santero30:20140929134005j:plain

また、ここは市が運営している施設なので利用料が格安!!
なんと大人は410円でプールも温泉も利用できてしまいます!

でここで私ここに初めてきたこともあるし、この直前に宝泉坊に行っていたこともあって、システムを勘違いしてまして、脱衣場とプールの更衣室で迷ってしまいました。

図を描いて分かりやすく説明すると、受付で券をだしたあと、さくらの湯というのれんがかかっている場所がプールと温泉共通の入り口です。

f:id:santero30:20140929134024j:plain


この入り口の中でさらに、プール用の男女別更衣室があり、それとはまた別に温泉用の男女別脱衣場があります。
ほら、宝泉坊では女性用のスペースにプール用の更衣室と温泉用の脱衣場があったから。。。

わかりやすく、と書きましたがまったくわかりやすく伝えられた気がしないので、ぜひ受付で詳しい説明をお聞きください。
またプール利用には水泳帽必須です。
忘れたときは100円で貸してくれるそうです(400円預けて、水泳帽を戻したら300円返ってくるそうな)

ただどちらのロッカーも返却はされますが、100円玉が必要ですのでご用意ください。

 

<脱衣所・アメニティ>
ここはパウダースペースにドライヤーとティッシュ、綿棒が置いてあるだけです。
アメニティ的なものは一切ありません!(安いですからね)

受付の横の売店スペースに基本的なものは売っているので、身一つだけどお風呂に入りたい方はそこで揃えることも可能だと思います。


<お風呂の種類・洗い場>
洗い場はシャワーも蛇口も時間制でした。
ここも水勢は強いので、水を出しっぱなしにしてシャワーのほうを動かしたので髪は洗えそうです。

お風呂はサウナ、水風呂、大浴場の中にジェットスペースとジャグジースペース、こころもち小さい露天風呂、とシンプルな造りですが、やはりおばさんたちが仰っていたように泉質の良さは感じました。
公式HPによるとナトリウム - 炭酸水素塩温泉(低張アルカリ性温泉)
肌がぬるぬるっとなる「美人の湯」です。
効能は


神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、関節のこわばり、うちみ、くじき、慢性消化器病、痔病、冷え性、病後回復、健康増進、きりきず、やけど、慢性皮膚病

 

<周辺施設・食堂等>
前述しましたが、ここは小さいですが温水プールがあります!
本格的に泳げるほど広くはなく深くも無いのでので、お年寄りのリハビリでの水中ウォーキングや子供を遊ばせるのに丁度いいです。
とはいえ立派なウォータースライダーがあって、けっこうスリリングでした。

 

食堂スペースもメニュー豊富。
私はソースカツ丼を食べましたが、500円台だったと思います。
おじいさんが「ここ来たらいつも食べるんよ~」とソフトクリームを注文し、食堂のおばさんが「そういうお客さん多いんですよ~」とやりとりしてました。
休憩スペースも座敷もゆったりとってあり、私が行ったときには座敷で横になってる人もちらほらいました。

私が行ったときは土曜日で人も多かったのですが、洗い場も脱衣場も十分スペースはありました。
が、やはり温泉は平日の昼間にゆっくりがいいなと思ったのでした。