読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

bloody’s diary

☆血反吐を吐きつつ書くブログ☆

「フライトゲーム」見てきたよ!

映画

みんな大好き「96時間」のリーアムおじさんの新作映画だよ!!

 


映画『フライト・ゲーム』 大ヒット上映中!

 

おじさんが演じるのは航空保安官、9.11のテロ以降注目されるようになった航空機内の安全を守る正義の味方!!

 

のはずが、まあそう一筋縄でいくはずもなく、リーアムおじさんは冒頭からアルコールがぶ飲み、飛行機に乗っては感知器を持ち込んだテープで覆って喫煙する破天荒ぶり(よい子は真似しちゃだめだぞ!!)

 

96時間のようにぱっとしないおっさんから娘が誘拐されることによって覚醒、パリでひたすら無双!のような胸のすくようなカタルシスは、たぶん、ない。
でも20分ごとに犯人が人質を殺していく、そのシステムはよく練られていてすごいなと思いました!
終盤まで犯人のわからない緊張感は続き、あまりに挙動が激しくほかの乗客たちの不信感も伝わってきて、実はリーアムの方がおかしいのではないか?というもう誰も信じられない状態に。


だってリーアム一人でむくつけき男ども5、6人と戦って負けないから、飛行機の中で味方いなくてもなんとか場をしのぐから、そんな危険人物がアルコール依存症で銃をもってて…?と見てるうちに逆に怖くなってきます。
とはいえリーアムの誠実な奮闘っぷりも嘘とは思えない。
この辺の揺らぎはなかなか映画の楽しみでよかった。

 

そして全編でリーアムが困った子犬のような表情でかわいらしかった。
映画「カイジ」が竜也映画であったごとく、これはもうリーアム映画。
画面にリーアムが映ってない場面はほぼ、ない。
なので余計な群像劇や女優とのラブシーンなぞいらぬ、わしはリーアムが見れればそれでよい!というサムライスピリッツでリーアムを愛している人にはおすすめのリーアム映画でした。