bloody’s diary

☆血反吐を吐きつつ書くブログ☆

そうだ、「LUCY/ルーシー」見てきたよ!

けっこう遠出してわざわざ見に行ったはずなのに、これといった感想もなくちょっとどう書けばいいかわからなくて放置してしまった「ルーシー」だよ!

やっと俺達のリュックベッソンが戻ってきた!というおそらくファンの歓喜の声を耳にして興味が沸いたんだけど、おれあいつの監督作品よりプロデュース作品とか、とにかく監督として関わってねえ映画のほうが好きだということに遅まきながら気づいた!

 


映画『LUCY/ルーシー』大ヒット上映中

 

とりあえず始まりの舞台が台湾、ルーシーに敵対するのが韓国マフィア。

この辺で今のハリウッドがアジア市場をどうとらえてるかがわかってちょっと切なくなりました。

「トランスフォーマー」もそうだったけど、中国語圏というのは重要な巨大市場であることがわかります。

 

あとは覚醒したスカヨハもといルーシーは24時間以内に自分が死ぬことが分かっているので、超ハイペースに物語りは進み、最後なんか観客取り残してストーリーだけが超展開します。

 

私は割りとグロ要素苦手なので、序盤のルーシーが受けた手術とか血とかあの辺怖くて目を逸らしてしまったので苦手な方はご注意ください。

脳が覚醒して100パーセント稼動したとして、自分の肉体を自由自在にコントロールできる、というのはなんとなく分かるのですが、自分以外の人や物に影響を及ぼしてしまえる辺り、説明聞いてもちんぷんかんぷんでした。

 

スカヨハ好きなら見て損はないと思います!


映画『LUCY』インターナショナルトレーラー - YouTube


Lucy - Trailer (Official - HD) - YouTube

 

追記:

テレビブロスのバックナンバー見てたら、リュック・ベッソンのインタビューが載ってました。

曰く、ルーシーを追い詰めた韓国マフィアのボスの役を、当初は北野武にオファーしてたそうな。

スケジュールが合わず残念ながらそれは実現しなかったと。

実現してたら韓国マフィアがジャパニーズマフィアになってたのかと感慨深く。。。

 

このボスを演じたチェ・ミンシクはいかにもヤクザな派手スーツをセクシーに着こなし、一言も他国語を話さず韓国語しか口にしない不気味なボスを快演していたのですごくよかったです。

(2014年10月7日)