bloody’s diary

☆血反吐を吐きつつ書くブログ☆

媛彦温泉に行ってきたよ!

今回は松山まで足を伸ばしてみました。


道中たかのこの湯があったのをスルーして、ナビを頼りに行ったところ、ちょっと狭い住宅街の道をくぐりぬけ辿り着いたのが媛彦温泉
入ってみてびっくり、つくりがたかのこの湯(旧:たかのこ温泉)とそっくり!!

おそらく経営している会社が同じなのでしょうね。


入ったら野菜などを販売しているスペースがちょこっとあり、その奥は食堂。

反対側に木の鍵(古い銭湯にあるような)付の靴箱があり、そのキーは自分で持ったまま、受付で料金をはらって後はもう自分で好きなロッカーを選んでお風呂に入るシステム。
私今まで靴箱のキーを預けて脱衣所のロッカーのキーをもらう温泉ばかりだったので、受付の方に「かぎは?」と聞いてしまいましたよ、あははは!

 

料金は550円。ここも時間帯や年齢によっての割引や、お得な昼食付プランもあるのでチェックしてみてください。

どうやら去年改修工事が終わったばかりのようで、施設は本当に新しくて綺麗です。
脱衣所も広く、ロッカーもゆったりしてます。
ドライヤーが備えられたパウダースペースや洗面台も多いですが、備え付けのスキンケア類は一切ありません。
ですので、お出かけの際には女性は特にクレンジングやスキンケア用品をお忘れなく!(もしかしたらロビーで売ってたかもしれません)

 

お湯は、どうやらケータイ版公式サイトらしいここによると

アルカリ性単純温泉(低張性アルカリ性温泉)

効用は

神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、関節のこわばり、うちみ、くじき、慢性消化器病、痔症、冷え性、病後回復期、疲労回復、健康増進

 

お風呂も種類豊富で大浴場にはバブルスペースがあり、ジェット水流をあてるエステバス、媛彦温泉|いよ観ネットによると、なんと四国に初めて!導入されたというアクアレビュー、水風呂、母子の湯、露天スペースに横になってはいれる場所もある露天風呂と歩行浴するお風呂があります。

 

アクアレビュー、私も体験してはみたのですが、おもしろいです。強力な流れるプールみたいな感じ。
エステバスのように強いジェットで肌が痛くなる、ということもなく、なかなかに楽しいのですが、階段で高いところに上らないといけないので足元にはどうぞお気をつけください。

 

お湯はさらっとしていながら肌がすべすべになる感じです。
以前行った亀ヶ池温泉のほうがちょっと重めで「ぬるっ、しとっ」って感じ、媛彦温泉は「さらすべ」な感触です。

 

洗い場にはブランド不明のボディーソープとリンスインシャンプーがあります。
カランの水は時間制、シャワーは無制限。
私は露天で寝転んでお風呂入れるのすごく気に入りましたし楽でしたー。
また大浴場には子ども用のスペースもあり、アンパンマンの洗面器等子どもも楽しめると思います。

 

後で持って帰ったパンフレットを見てみると、2階にリラクゼーションスペースがあったようでショック・・・。
今度行ったらチェックしてこようと思います。
1階は背もたれなしのベンチと、畳スペースが休憩場所として設けてあるのですが、畳スペースは男性がが寝転んで占拠してる場合もあるので時間によってはあがりにくいですよね…。

 

そして媛彦温泉で特筆すべきは、家族風呂の多さ!!
私は一人でいったので!!もちろん使用はしていないのですが、パンフレットによるとなんと20室もあるそうです!!
露天やサウナ付の家族風呂もあるそうなので、ご家族連れやカップルの方には嬉しいのではないでしょうか。

 

また、人数が増えるほど安くなるエステプランやマッサージ付プランなどのいろいろな料金プランもあるようです。

ここのレストランもご飯が美味しいみたいなので、是非再訪してみたいものです。