読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

bloody’s diary

☆血反吐を吐きつつ書くブログ☆

小栗旬が銀魂やるってさ(遅い)

KinKI Kids 小栗旬 映画

wwws.warnerbros.co.jp


え、これ第一報知ったのいつだっけ???
2016年の6月くらい?もっと前?うちのブログにも小栗旬カテゴリがあるくらいには好きなのに、言及してなかったっけ?あれ??

剛さんがなんと!!!高杉役で出演するってわかったのが夏頃??
その辺の時系列わかんないけど、私、前の家に住んでた頃はCSで銀魂も録画して見るほど好きだったから大ニュースだったはずなのに全然ブログにも書いてない!?すごい、全然二人のこと好きじゃないみたい!!やる気が感じられない!!!怖い。

久しぶりに演技する剛さん、しかも悪役、シリアス、かっこいいということで楽しみだし、福田雄一監督には思う所は多々あれど(ジェンダー観とかね!まあみんなそうだよ日本のエンタメスタッフはみんなそう!)一KinKi Kids、堂本剛ファンとしては感謝カンゲキ雨嵐です。

なんかね、剛さんも映画のために痩せたみたいだし、お膝の不調をおして殺陣を練習したらしいし、久しぶりに髪の毛を伸ばしてくれて今超絶美しいし、撮影の時はすね毛もそったらしいです。すね毛NGが出たんだって。だからエリーを演じたかったのにと思いながら剃ったんだって。すね毛も剛さんの一部なのにもったいないね。

他のキャストも岡田将生、菅田将暉、橋本環奈、長澤まさみ、柳楽優弥、エトセトラエトセトラ(敬称略)で好きな人ばっかでるので楽しみだし、岡田将生さんの長髪って眼福すぎるよね!?それだけでもありがたいです。内容はどうでもこの面子での豪華コスプレパーティーだと思えば全然許せる。楽しみ。

あ、CUT買いました。

Cut 2017年 03 月号 [雑誌]

Cut 2017年 03 月号 [雑誌]

 

 なんか雑誌媒体では初?の剛さんの高杉ビジュアルお披露目ということでワクワクしながら見たんですけど、剛さんがいらっしゃるのは表紙と、もう1カットだけでした。

いや別に不満があるわけじゃないです。

剛さん煙管持ってた煙管。
当然だけど剛さんお美しいの。知ってた。
それでもCUTは銀魂については総力特集していくらしいので、また次号を待ちたいと思います。

また更新していきます

健康・ASD

随分久しぶりに更新します。


というのも、体調が悪かったのと、気が乗らなかったのと、あと実は私文章書くの苦手なんじゃね?ってことに気づいてしまったのと…まだ些末なことが色々あるんですが、まとめていうとめんどくさくてずっと放置してました…広島旅行記途中だったのに…我ながらひどいやる気の無さ。怖い。

冬だからかな・・・?寒さは人からいろんなものを奪っていくよね…辛い寒い…

 

特に文章書くの苦手、下手、ってのに気づいたのは大きくて、多分脳の特性のせいか元来のめんどくさがりのせいか(卵が先か鶏が先かだね!!!)、まとまった文章を組み立てることができなくて(大学の卒論、あれで卒業させてくれたなんて本当に人の優しさを最大限に感じたよ!)、助詞や形容詞の使い方もちょいおかしくて、推敲したりすればいいんですけどやる気もなく、とにかく途中で飽きる!


文章を書くのは好きなのに。むしろ言葉は次から次に溢れ出てくるのに(思考がポリフォニー)、切ない!
なのでツイッターの長さくらいが実は私にはちょうどいい、私には合ってるんだと思ってツイッターの方をせっせこ書いてました。

 

もうそろそろ温かくなるし、書きたい気持ちも出てきたので、またぼちぼち更新していきます。

とりあえずはね、KinKi Kidsの東京ドーム公演の感想を書かねばならぬのよ…

広島旅行一日目

キンキのコンサートが第一目的の一泊二日の旅行だったので、観光地とかほぼ行ってないし、名物も食べてないんですが、記録として残しておきます。

いつもはキンキのコンサートは母と行ってるのですが、今回は一人旅。

フェリーで松山から広島に。

setonaikaikisen.co.jp

船で愛媛から広島に渡るには、高速船のスーパージェットと自家用車も一緒に運べるフェリーがあり、前者なら呉を経由しなければ1時間、後者ならば2時間半くらいかかるんですが、フェリーはやっぱり運賃が安くてですね!スーパージェットの約半額!

もう余裕でフェリーだよね!と思って観光港に。

十数年ぶりの観光港、きれいに建て替わっていてびびりました…柄の悪いおっさんが駐車場を怒鳴りつけながら誘導してた思い出しかないのに。

松山観光港ターミナル株式会社

結婚式もできるおしゃれな建物になってました。

 

私はここ最近映画の4DXで酔うわ、ゲームのしすぎで酔うわ、体調不良でめまいになるわで自分の三半規管に自信がなかったもので、酔い止め薬を飲んでフェリーに乗船。

天気もよく日曜だったためか、乗組員の人が気を利かせて観光スポット音戸大橋を通る時にはアナウンスしてゆっくり通ってくれたんですけど、私はもうとにかく眠くて一歩も座席から動かず眠ってました…そして乗りあった爺さん連中が超絶うるさかった…

私はフェリーに載るときはいつも車で乗船してたので、徒歩で乗船生まれて初めてで新鮮でした…!!

 

広島港について、直結している駅から路面電車で広島の街へ…!

私がささっと検索した時にはICカードは使えるっぽかったので車掌さんに聞いてみるとSuicaは使えないとのこと(ICOCAは使えるっぽい)

ですが一律160円なので行き帰り乗って市内の交通費は2日で320円で収まりました…リーズナブル!!これだから都会すごい…

 

私が降りたのは本通駅。ここから大きな繁盛してる!!(宇和島や松山の商店街とは大違いで活気がある…!!)商店街を通ってホテルへ。

私が止まったのは共済会館なので、地方公務員の方とかなら割引が効くみたいですよ。

www.rijyo-kaikan.jp

駅から本当に5分かからないくらい。近かったです。

ただ、私はホテルと思い込んでいたので一回前を素通りしてしまいました。

県民文化センターも併設しているので、公共施設っぽい建物です。

コンビニもすぐ近くにあるし、カフェや飲食店、有名っぽいお好みやさんも近くに、原爆ドームも5分かからないところにある立地のいいホテルでした。

多少古くて、私が泊まったのはシングルの部屋だったのでバス・トイレ洗面所が一緒になってて、お風呂もお湯と水を別々に調節しなきゃいけない旧式タイプでしたが、一泊だし、小奇麗だし、部屋もそこそこ広かったので困ることもなく。

 

とりあえずキンキのコンサートの会場であるグリーンアリーナからも徒歩で10分くらいだったんですが、到着したのがお昼過ぎ2時前?ご飯も食べたいし早めにグッズを買っておきたかった私はホテルのフロントでタクシーを手配してもらったのですが、この日は前日日本シリーズ最終戦があり、市内でもイベントが複数あるらしくなかなかタクシー来ない!混んでる!

仕方ない歩いていくかなーと思った頃にやっとタクシー到着。会場の近くまで乗り付けてもらったのでした。

 

 

KinKi Kidsのアリーナツアー10月30日広島公演に行ってきたよ!

KinKI Kids

je-kinkikids.com

KinKi Kids17年ぶりのアリーナツアーらしいですが、私は、もちろん初!!!です。

なんかもうタイトルツアーからして最高じゃないですか??

”We are KinKi Kids Live Tour 2016~TSUYOSHI & KOICHI~”ですよ?

会場に入ってこれがアナウンスされた時やっぱりあれかな?結婚式かな?って思いました。

私は愛媛に住んでるので住んでるところから一番近い広島のチケットを幸いゲットできまして、小学校の頃家族旅行で行って以来の広島に脚を運んだわけです。

初めてのドーム以外のキンキコン!

ほぼずっと引きこもりでいたのに外出に耐えられるのか!?

自分の中ではかなりスリリングな体験でしたがなんとか旅行を終えて帰ってみると楽しかったです…

 

キンキコン自体については私の短期記憶がポンコツであまり物事覚えてられないので、ざっくりとしか書けないので、どうかとぎゃったー当たりでレポまとめなどをお読みください。

N album

N album

 

 

続きを読む

映画「HiGH & LOW THE RED RAIN」見たよ!!!!

HiGH&LOW 映画

映画「暗殺」みて、そのあまりにも美しい映画っぷりに感動して、記事書かなきゃなーと思ってなんとなくそのままにしてて、早一ヶ月…

私は雨宮担じゃないし(一周回ってコブラ担になりました!!!)まあとりあえず見るだけ見て次につなげるかーって軽い気持ちで公開初日初回に行ったんですよ。

で、まあ見ますよね。

あーだるいシーンけっこうあるなーって。かっこいいけども、雨宮担じゃないからきびしーなーって。一回見れば充分かなーって。

けっこう冷静に思って、それでもエンドロール後のアレで血圧はあがって、それでも本編がな~って。

でも雨宮担のみなさんには嬉しい映画だし、HiGH&LOWの世界に普通に政治や報道があるって知れただけでもよかったよね!!世界観にひたれるのはいいことだわーと思ってたのですけど。

high-low.jp

 

今ね、HiGH&LOW入場者特典があって、先週はミニフォトブックで、今週がミニキャラクターブックだったので、それは狙おうと最低でも2回は行く算段をしてて、だからこそ次の1回を楽しむために一週間コツコツ雨宮兄弟を好きになるための自主練してたんですよね。特に私、雅貴に対する苦手意識が強かったので、雅貴を愛せるための独自設定を…って考えてたら…

 

私はやっぱり私の好みを誰よりも知ってて、私が好きな設定を考えることができるので、一週間でなんかすごい好きなキャラに育ってて、そんな気持ちのまま2回め映画を見たらもう萌えすぎて体調不良になるくらいのBIGBANG(李さーーーん!!!)が起こりました。

 

HiGH&LOWこわい。

 

続きを読む

映画「ブルックリン」見た

女性 映画

これは8月末に受けた緑内障の定期検査で異常なしが出て、安心して見に行った思い出が…!!

www.foxmovies-jp.com

アイルランドからアメリカに移住した女性が、街に揉まれ人に揉まれ洗練されていく姿を描いた映画で、「裸足の季節」よりずっと気持ちを近くして見ることが出来ました。

 

アメリカへ行く船の中で主人公が洗練された美しい女性に手助けされるんですが、物語の終盤でそれが繰り返されていてぶわって鳥肌が立ちました。

(というかあの女性寮楽しそう。ご飯付きだし。羨ましい)

あの「忘れてた」という主人公のセリフに、ええ?そんなストーリーなの?私はそんなの見に来たわけじゃ…と思ってたら「ここはこういう街だった」と毅然と言い放つ主人公にしびれ、あのカタルシスがすべて、あの気持ちよさのために見てよかったってしみじみと。

女性映画としても良かったし、ロマンスとしても優しい映画でほっこりときめきました。

映画っていいですねーーーー…。

Brooklyn

Brooklyn

 

 

映画「裸足の季節」を見た

女性 映画

TLでも評判が良かったしずっと期待して待っていて、期待しすぎてしまった感があるものの。

www.bitters.co.jp

私には合わなかったというか乗り切れませんでした。

 

5人姉妹が男の子たちと海岸で遊んでいるのを見咎められ、その日から幽閉生活&ひたすら花嫁修業が始まるお話ですが、閉じ込められて自由を奪われたのに苛立ちを感じても学ぶこと勉強すること学校へ行くことを突然止めさせられたことに対して憤ってる姉妹はいなくて、いたのかもしれないけど私は読み取れなくて、一人くらいそういう少女がいても…とはモヤモヤしたものの、あの社会自体が結婚=女の幸せが強すぎるところだろうし、その文化にどっぷり浸かって育ったならば、女の子=男の子を求めてやまないもの、になるのも仕方のないことなのかなーと。

 

私が女の子文化で育ってないせいか、下着姿で遊んでいる姉妹の姿を見て「これは性的に消費されてしまう…」と鬱になったのもある。

末っ子視点にもイライラしました…なんだろう、疲れてたのかな。

私が非言語的なものを読み取るのが苦手なので、そのせいもあると思います。

というか、何でも性的に消費しようと思えばできるので、そんなこといちいち気にしていてもしょうがないのですが、私が思ってた「野生の馬」とは違ったなーという感じ。

 

そして姉妹たちが住んでいる風景がご近所っぽい感じで、彼女らの受ける抑圧も他人事と思えなくて割と気持ちに堪えたというのもある。

それでも舞台がトルコで、なかなか見る機会のない文化であり生活だったのでとても興味深く新鮮に見ることはできました。

 

Mustang

Mustang