読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

bloody’s diary

☆血反吐を吐きつつ書くブログ☆

映画『ヒマラヤ~地上8,000メートルの絆~』見て来ましたー!

ファン・ジョンミン主演の「ヒマラヤ~」が公開されると決まってから、岡田准一主演の「エヴェレスト 神々の山嶺」が公開されていたし、その前には「X-ミッション」がありました。

そういう流行りがあったんですかね。ヒマラヤでのロケがしやすかったとか。

私はエヴェレスト~の方は見てないのでなんとも言えないのですが。

himalayas-movie.jp

 

私はアイドルとしてファン・ジョンミンを愛しているので、この映画も待ちに待っての公開でした~ーーーー!!!

中央に送れること一ヶ月以上、やっとみれた!!!!

この映画、実話を元にしたストーリーなのですが、もうそのへんぶっ飛んでアイドル映画として中盤までは見てしまいましたよね。

ぎゃーーージョンミンさんかっこいい、足長い、かっこいい、スタイルいい、素敵!!!

私にもサムギョプサル切って~~~~!!!お家のお庭で暮らしたいーーーー!!!

好き、その髪型好きーーーー!!!!って心のなかでわーきゃーしながら見てました。楽しい。

(ネタバレ軽く)

白きたおやかな峰 (河出文庫)

白きたおやかな峰 (河出文庫)

 

 

続きを読む

神話としてのHiGH&LOW the MOVIE 3

記事タイトルはHiGH&LOWですが、今回はほぼジャニーズのことについて。

8月後半になってじわじわと口コミが効き始め、HiGH&LOWにはまるいわゆるオタク、普段はLDHには近寄りもしないような層がHiGH&LOWにずっぽり沈み込む現象が散見されるようになりました。

といっても私は夏中引きこもってたし、リアルではどうだかわからず、Twitterやネットを観測してるだけなので実際どうかはいまいち実感できておりませんが、そういう視点から見てみます。

 

LDHのノリってリア充パリピポ、オタク的な人間から見たら最も遠いというか苦手な層のイメージが有ります。

が、今回二次元フィクションに近い世界観のHiGH&LOWを作り上げることでオタクたちの心を鷲掴みにすることに成功した。

これってジャニーズの悲願だったことなのでは?と思い当たってしまい。

古くはSMAPによる聖闘士星矢ミュージカル化やサッカー漫画「シュート」の実写化、私が知ってる最大の成功例KinKi Kids堂本剛による「金田一少年の事件簿」、そして最近ではHeySayJUMP山田涼介くんによる「暗殺教室」主演。

金田一少年の事件簿 VOL.1(ディレクターズカット) [DVD]

金田一少年の事件簿 VOL.1(ディレクターズカット) [DVD]

 

 ジャニーズ出演によるアニメ・漫画・小説の実写化は数限りなく有り、かつそのどれもそれほど幸福な結末には至っていない。

原作ファンもアイドルファンも幸せになれないジレンマばかりが残る。

続きを読む

神話としてのHiGH&LOW 2

もうそろそろKinKiのツアーも始まるし、HiGH&LOWの熱も冷めるかなーと思っていたのですけど、なんか時々発作のように「は!」ってHiGH&LOWのことを考えてしまう今日このごろですお元気ですか。

 HiGH&LOWドラマシーズン2の円盤も予約が始まってるようです。

【早期購入特典あり】HiGH & LOW SEASON2(B2サイズポスター付) [DVD]
 

 

私はシーズン2をスマホでしか見れてないので、もしかしたら見落としてしまってるかもしれないんですが、ドラマや映画で龍也の葬式って描かれてましたっけ??

遺体安置室に龍也の遺体が置かれている場面は何度も何度もフラッシュバックで目にするんですが、話の種類からしたら盛大な、もしくは盛大ではなくとも印象的な葬式が行われていないといけないのに(「新世界」とかしびれるほどかっこいいお葬式シーンあったじゃないすか)ない…?

もしくは私が覚えてない…????

 

まじで???新盆とかどうしたの???花輪とかお飾りとか行列とかめっちゃしないといけないのにナオミひとりでどうすんの???ダンちゃんがやってくれんの???

え??じゃあやっぱり映画は鎮魂なの?劇中で非業の死を遂げた龍也の鎮魂の儀式??

じゃあ琥珀さんは死者の荒魂の憑坐で、マッドマックスシーンはもがりの後の新盆の葬列なの???

 

て考えてたらやっぱり、あの人の死なないHiGH&LOW世界、映画冒頭、無名街で死人がでたのも何か意味がある…???

 

続きを読む

映画「ピッチパーフェクト」を見たよ

レンタル屋さんに行って、グランド・イリュージョンの前作でも借りてこようかなーと思ったら全部貸し出されており、仕方なくというわけではないのですが、以前より評判がよかったものの見る機会のなかった「ピッチパーフェクト」を借りてきました。

 

ピッチ・パーフェクト [Blu-ray]

ピッチ・パーフェクト [Blu-ray]

 

 

ストーリーとしてははぐれ者の主人公が仲間たちと出会い、衝突を繰り返しながらお互いを分かり合いひとつにまとまってひとつの目標を目指し、そこに恋もからんできて~みたいなよくある青春モノなんですが、それを女の子グループでやってるところが私にとっては新鮮で楽しく見れました。

主人公が成り行きで所属する女性アカペラコーラスグループのメンバーが、本当に一人ひとり個性豊かで見ていて楽しい!

ていうか女の子たちが集まってわいわいしてるだけでもう私は泣けてきてしまいました。

黒人レズビアンやアジア人女性に対する描き方はどうなの?とは思いつつも、コーラスグループのメンバーも人種や体型も色々で、それでも魅力的に描かれていて、ああもうそのへんからして日本とは全然違うなーと。

冒頭のコーラス大会のMC女性が「素敵な歌声ね!オナニーしたい!!」って言う場面からしてノックアウトされました。

グループの副リーダーが主人公に「この曲いいよね!オナニーの時に使うの、すごく濡れる!!」的なことを言ったり、うわ、すげえ、こういうノリ好き!!って。

他にも「私のヴァギナは暴れん坊だから」って宣言するキャラがいたり、ミソジニー男性を登場させてその女嫌いを指摘したり、敵対してる男性コーラスグループのマッチョさを批判的に描いたり、ああ日本からなんて距離が遠いんだって改めて衝撃を受けました。

抑圧的な指導を行っていたリーダーの女性もまた抑圧を受けていて、お互いに話し合うことで分かり合って、最後はみんなの個性を際立たせる形でパフォーマンスをするクライマックスは素晴らしかったです。

映画「十三人の刺客」を見返す

以前HiGH&LOW旋風が私の中で吹き荒れてるのですが、見てるとあーやっぱり窪田くん可愛いなー。

可愛いですよね!

もう日テレに家族を人質に取られてるんじゃないかなって無茶な働かせられ方をされてるし、10月から始まる日テレドラマラストコップは彼が出ているからこそ泣きながら見ますが、それさえなければドラマとしては眼中にも入れたくないくらいなんですよね…。

ちなみにドラマ版デスノートはオリジナルを知らないので、軽い気持ちで見てたらけっこう面白く見れて、その勢いで臨床犯罪学者 火村英生の推理も見ようと思ってたのですが、中途半端に原作を知っているせいかどうにも受け入れがたく、3話位で脱落しました…(ああでも火曜サプライズに斎藤工と一緒に出てた窪田くんは超絶可愛かったですね)

 

 

そういえば前に初々しい窪田くんを別の映画で見たなーと思い出し。

それが「十三人の刺客」。

2010年公開で撮影がその一年前なので窪田くんは21才くらい??

十三人の刺客<Blu-ray>通常版

十三人の刺客<Blu-ray>通常版

 

 特典映像でクランクアップ時?の血まみれの姿でのインタビューがついてるのですが、それに答えてる時の、窪田くんの顔が、特に笑顔が!!めっちゃお子さま!!!

うわっ、子どもだ子どもだ!!!!ってなりました。

続きを読む

映画「マジック・マイクXXL」を見たよ!

日本で公開された時、とにかく上映劇場が少なくて、四国では一個もなかったんですよね。

なのでTwitter上でマジックマイクXXLよかったぜ!的な感想を見て当時こういうツイートをしてました。

 あの頃に自分に言ってあげたい、マジック・マイクXXL見たよ、よかったぜ!って。

 

wwws.warnerbros.co.jp

 

前作はタイトルから予想するほど明るく楽しい映画ってわけではなくて、思った以上にシリアスでビターな展開で私はあまり…って印象でしたが、今回はもう見ながら数度泣いてしまいました。

特にシスヘテロ女性向けにはなかなかの癒やしムービーじゃないかと。

前作でん?ってなったところ、大きな体型の女性をリフティングしたダンサーが腰を炒めたことをジョークとして処理してたり、お客がほぼ白人女性ばっかりだったところがちゃんとブラッシュアップされてる!!

ダンサーたちでさえ女性のために脱いで腰を振る自分たちの職業にあった受け入れがたい感じを、今作では真っ向から受け止めてる!!ってなりました。

続編を作るのならば価値観もきちんと時代に合わせてアップデートしてくるの、本当にエンタメとしては優秀…うらやましい…

マジック・マイク XXL ブルーレイ&DVDセット(初回仕様/2枚組/デジタルコピー付) [Blu-ray]

マジック・マイク XXL ブルーレイ&DVDセット(初回仕様/2枚組/デジタルコピー付) [Blu-ray]

 

 

続きを読む

神話としてのHiGH&LOW the MOVIE

ここ数日ずっとAKIRAさんのことを考えていました。

というのも、AKIRAさん、原始の神っぽくないですか?

 

え?こいつ何言ってるの?とお思いか?

お思いでしょう、私もそう思ってるから間違いないです。

 

でもちょっと探してみてください、ネットの画像検索で世界各地の古代の遺物を、神や精霊を、古代から伝わる彫刻や道祖神、妖怪を、ミスターポテトヘッドを、そこには絶対にAKIRAさんぽい表象があるから!!!!

ミスター・ポテトヘッド トイ・ストーリー

ミスター・ポテトヘッド トイ・ストーリー

 

 

私が探した限り、アメリカにも南米にもアフリカにももちろんアジアにもヨーロッパにもいたから!!マジで!!!

というか私がなんでもAKIRAに見える呪いにかかってるのかもしれないですが、とりあえずそこは置いといて、以上のことからユングのいう集合的無意識があるのならば、AKIRA顔はそこに刻まれたひとつの人類を代表する表象なのではないか説が私の胸の中で渦巻いていました。(伝われ~)

だってめっちゃ強そうじゃないっすか?AKIRAさんぽいといえばサッカー選手の長友佑都もそうですが、ふたりとも裸に剥いて原野に放り出してもそれなりに楽しく生き延びてくれそうじゃないすか???長友選手、大学の応援団時代に鍛えて太鼓叩くのがとても上手いからきっとAKIRAさんのダンスに合わせて叩いてくれるはず!!

え???違う?私間違ったこと言ってる????

 

でやっと分かったんですが、あの映画でやっていたことって荒ぶる神の魂を鎮めることで和魂へと变化させる、神話そのままのことだったんだなーと。

high-low.jp


HiGH&LOW Special Trailer ♯10 「ムゲン」

 

続きを読む