読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

bloody’s diary

☆血反吐を吐きつつ書くブログ☆

映画「未来を花束にして」見てきた

女性 映画
手帳見たら3月12日に見てた!
感想早く書かなきゃと思いながら書きあぐねていたのは見る前と見た後の印象が違っていたからで。

mirai-hanataba.com


私、主人公の夫はクソ男だという情報をTwitterのTLかな?で仕入れていて、割と構えた感じで見てたんだけど、実際はぜんぜんそういうことはなく。
続きを読む

HiGH&LOW THE LIVEが届いた。見た。

HiGH&LOW

購入しようかどうかをそもそも迷っていた、HiGH&LOW THE LIVEが届いて以来とりつかれたように繰り返し見てます。
ライブに参加した人の感想ツイート見ていたときはあまりのカオスっぷりに何が行われているのかわからず、?????てなってたんですが、あれが何を意味していたかやっと理解。

HiGH & LOW THE LIVE(初回生産限定)(スマプラ対応) [Blu-ray]

HiGH & LOW THE LIVE(初回生産限定)(スマプラ対応) [Blu-ray]

 

 

まずね、バイクと車がびゅんびゅん宙を飛びます。

すごいレベルのバイク&カーアクションが東京ドームで行われてる。これがすごい
よね。アリーナ席も全部とっぱらっているから。球場として使われてる部分全部ステージだから。あと人力?で動くっぽいトロッコが50個くらいある。

続きを読む

私には物語が必要だ 1

読書

インフルエンザになる前から風邪を引いていて、なんだかんだで1ヶ月位体調不良で寝込んだり寝込まなかったりしている間、退屈しのぎにミステリ読んでました。


読まなきゃ行けないジェンダー関係や歴史系の本は読むのに内容を受け止めるパワーが必要なんですよね…陰惨なミステリは自分がしんどい気持ちを紛らわせることができるのですよね。

続きを読む

映画「アイヒマンを追え!ナチスがもっとも畏れた男」を見たよ

映画

※文体をどうするか只今考え中※

eichmann-vs-bauer.com

 

日本と違って自国の戦争責任から目をそらさず、正義を追及してきた国ドイツ、というイメージを私は漠然ともってたけど、それは紆余曲折を経て困難を乗り越えながら決して諦めず地道に活動をし続けてきた人がいたからこそなんだなと思った。

あのドイツは努力して努力して時には血を流して獲得してきたものなんだと。

 

続きを読む

インフルエンザ諸々

健康・ASD

私インフルエンザになる前も2週間くらい風邪引いて体調悪かったんですが、インフルエンザが治ってからもまだ風邪が長引いてて体調が本調子ではないんですけど、春先は毎年こんな感じなので仕方ない、無理せず行く。

今回は数十年ぶりにインフルエンザにかかった感想を書きます。
まず最初に母が発症してからは、極力伝染らないように(母の部屋に隔離していた)近寄らず、どうしても近寄らなければならない時はマスクをしていたのですが、どうやら潜伏期間中に感染したらしく母の発症から二日目には発熱してました。

続きを読む

インフルエンザつらい

健康・ASD

昔、働いていた頃は職場でインフルエンザのワクチンを打っていたんですよ。
でも仕事辞めて、基本引きこもりだし、小学校の時になって以来かかったことないし、普段風邪もあんまりひかない、ひいても鼻喉で終わる軽いものだし、ま、いっかーと軽く考えていたら、今回の直撃。
まず母(ワクチン接種済)がもらってきて発症、その後は伝染らないようにけっこう気をつけていたのですが私も発症、どうやら潜伏期間の間でも感染力はあるらしくその間に感染してしまったような感じ。

インフルエンザの療養のために色々書いだしてきたんですが多分合計したら二人で万札ふっとんでいったくらいだったので、ワクチンの方が安上がりだし、来年からは絶対打とうと心に決めました。

(インフルエンザの注射痛いし高いしと敬遠してました…)

インフルエンザは発症したらどれだけ早く病院に行ってウイルスの増殖を押さえるかが鍵で、まだ余力のあるうちに病院+買い出しをしておくのが超大事!
今回うちはふたりとも発症したとはいえ、発症の時期がずれていたのでだいぶ助かりました…

以下、あったら便利だったもの助かったものです。

続きを読む